産後の肌荒れとケアについて

産後の肌荒れという話はよく耳にしますが、女性は出産をすると多かれ少なかれ肌質に変化が起こります。出産は人生最大のイベントですので女性ホルモンも最大限に変化が起こる事を意味しています。産後は分泌されたホルモンの減少に加え、毎日続く寝不足や新生児を抱えるストレスなど今までとは一変した生活になるものです。

 

よってダメージやストレス、体の内側からくるホルモンバランスの崩れ等で肌も再生が追いつかず、肌荒れとは切っても切れない縁になってしまうものです。
産後でなくても肌荒れはすぐに治したいのが理想ですが、ホルモンバランスも関係してくるので徐々に無理をしないペースで治していくことが大切です。元々強かった肌が敏感肌になってしまうこともあるのでメイクをする際はできるだけ化粧品にも気を使うことをオススメします。

 

そしてスキンケアは最も気をつかいたいところですが、産後はとにかく余裕がありません。現に私も産後は自分のスキンケアにゆっくり時間を使える余裕など全くなく、おかげで肌はどんどん荒れていく一方でした。ただでさえ時間がない産後の大変な時期にスキンケアに時間を費やすことは簡単なことではありません。
その場合、普段のスキンケアよりステップが少なくて構いませんので、保湿だけはしておくことです。保湿することによって皮膚の潤いの蒸発は防いでくれるので乾燥や弱った肌バリアの保護となり炎症を起こす前に肌荒れを防ぐことができます。

 

敏感肌用のスキンケア商品や、刺激の少ないものを選ぶことも大切です。余裕が出てくるまではオールインワンタイプのスキンケアも便利なので、産後から余裕が出てくるまでの期間オールインワンを使っている方もとても多いです。そして肌質が元に戻ってきた頃に産前に使用していたものに戻すと言う話もよく聞きます。

 

産後の大変な時期はどうしても怠りがちなスキンケアですが、最低限でもいいので肌の為にもケアしてあげることが早期再生の近道となります。