オールインワンのメリットとデメリットのお話

オールワンのいいところは、何と言っても簡単なところです。化粧水から保湿までの何ステップ分もたった1本で済ますことができます。

 

時間もスペースもとらないし、何度も肌に塗布しなくて済むので、肌にかかる摩擦も少なくなり肌の必要以上のダメージも軽減されます。忙しい方や毎日のスキンケアが億劫な方にはもってこいです。私も産後からオールインワンを使い出しましたが、子育てママはとくにゆっくりスキンケアをする時間もありません。あれこれ順序を追う必要もないので簡単で早くて本当に助かります。

 

ただ、スキンケアをしっかりしている人からすると実際オールインワンってどうなの?と抵抗がある方も多いと思います。

 

オールインワンはとにかく簡単で楽ですが、普通に順序を追ってするスキンケアに比べると劣る点も多々あり、まず、化粧水や美容液などを念入りに1つずつ使っていることを思うと、オールインワンではそれぞれの美容成分の効力はどうしても力不足になってしまうよことがあげられます。そして、時期による対応が難しいです。例えば夏場は程よい保湿でさっぱり仕上げたかったり、乾燥する冬はたっぷりの保湿をしたいような場合もオールインワンではは調整をすることができません。また、肌トラブルが起きた際や、肌のダメージが大きくなってしまった時に美容液を重点的に塗りたいなどのピンポイントの対応をすることができません。その点、単体で使っている場合は自分の肌状態と相談してそれぞれの量をその都度決めることができます。

 

スキンケア用品を一式買うのにはコストもかかりますが、例えばそれぞれ単体で購入することができるので化粧水だけ安価なものでいいからたくさん使いたかったり、美容液やクリームは多少値段が張ってもいいものを使いたいなどと言う融通を利かせることができます。

 

1本で済むと考えるとオールインワンの方がお得と思いがちですが、それなりにいい成分が配合されているオールインワンは逆にコストが高くついてしまう場合もあるので、時期や用途によって使い分けすることをお勧めします。