老けて見えてしまうほうれい線の話

ほうれい線と聞くと、年齢のせいかなと思われがちですがそうとは言い切れません。

 

もちろん加齢と共にほうれい線が目立ってくるというのは一般的ですが、原因は年齢に限らず、肌の筋力とハリの衰えと乾燥です。若いうちからほうれい線が目立ってくる場合もありますが、早ければ早いほど解決はしやすいです。

 

まずはしっかりと保湿をし、筋力アップを図る簡単なエクササイズで構わないので、できるだけほうれい線部分に集中してエクササイズをして改善に努めます。

 

ほうれい線は努力無しでは消すことはできません。日々の積み重ねが大切なので生活習慣を見直し、ほうれい線の悩みから解放されましょう。

 

ほうれい線対策は、基本的には肌の問題なので外側からスキンケアをしっかりします。

 

そして外側からだけではなく体内からも肌に良いことをしていくことがポイントです。飲酒や喫煙、偏った食生活や不規則な生活は肌だけでなく健康にも良くないです。健康に良くないことは肌にいい訳がありません。

 

若い人でありがちなのは過度なダイエットです。これにより本来必要な栄養素が獲れていなかったりすると、ほうれい線として現れることもあります。

 

そして見落としがちなのは姿勢の悪さです。姿勢は美容にとても大切で、姿勢一つで潤いを保ち乾燥を防いでくれたり、血流の悪さによる冷え性の改善ができ、肌の活性化にもつながります。

 

パソコンやスマホ、テレビの見過ぎも良くないです。たまに休憩して自分の顔を鏡で見てみてください。一定の顔でじっとしていると、想像以上に老け顔になっています。その顔が定着してしまう前になるべくその都度顔の筋肉を使ってあげることで、ほうれい線の改善に繋がります。

 

ほうれい線はシワの中でも最も老けて見えるシワと言われていて、ない人と比べると実年齢より5歳以上は老けて見えると言われています。5歳はだいぶ違いますね。

 

ハリ、肌艶、顔の筋力を保ち年相応に見られるようにするためには日々の努力を怠らないことが大切です。